英ダイソン、20年までに電気自動車を発売へ 3千億円投資

ダイソン創業者のジェームズ・ダイソン氏。電気自動車の発売へ向けて取り組みを進めていることを明らかにした

ダイソン創業者のジェームズ・ダイソン氏。電気自動車の発売へ向けて取り組みを進めていることを明らかにした

ニューヨーク(CNNMoney) 掃除機やドライヤーなどで知られる英ダイソンが20億ポンド(約3000億円)を投じ、2020年までに電気自動車を発売する方針であることが28日までに分かった。

ダイソン創業者のジェームズ・ダイソン氏はこのほど、従業員へのメールで、同社がバッテリー式の電気自動車の開発に着手したことを明らかにした。

今回のプロジェクトにはダイソンのエンジニアなど400人あまりが参加しているという。

ダイソンによれば、同社は数年前から、新しいバッテリー技術の開発を進めてきた。1990年以降、モーターやバッテリー、その他の中核的なテクノロジーに数十億ポンドの投資を行ってきたという。

どのような種類の車両を製造する計画なのかや、どこで入手できるのかについては明らかにしていない。

電気自動車市場には、すでに多くのメーカーが参入している。ダイソンは今後、世界で最も売れている電気自動車である日産の「リーフ」をはじめ、米ゼネラル・モーターズの「シボレー・ボルト」や米テスラの「モデル3」などと競争することになりそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]