「離陸前の機内トイレ使用で降ろされた」 デルタ乗客が訴え

2017.04.28 Fri posted at 10:35 JST

[PR]

(CNN) 米デルタ航空の国内便に搭乗した男性が、離陸前に機内のトイレを使ったところ同機から降ろされたと訴えていることが28日までに分かった。

CNN系列局のWISNによると、この乗客、キマ・ハミルトンさんは、18日にアトランタ空港でミルウォーキー行きのデルタ便に搭乗した後、どうしてもトイレに行きたくなり、離陸まで待ちきれずに機内のトイレを使ったという。「切羽詰まった状態だった」とハミルトンさんは話している。

座席に戻るとデルタの乗務員がやって来た。以後の会話は乗り合わせた乗客が動画を撮影している。

動画の中で乗務員に「どうか私と一緒に来てください」と話しかけられたハミルトンさんは、「なぜ降りなければならないのかよく分からない。航空券を買ったのに」と言い返し、「私は切羽詰まっていたんです。それなのに降ろされるなんて」と訴えている。

WISNによると、ハミルトンさんは結局、もう1人の乗務員に促されて自発的に座席を離れた。ミルウォーキーの自宅に戻るために、サウスウエスト便の航空券を買い直す羽目になったと話しているという。ただ、チケット代の払い戻しは受けたという。

残る乗客もいったん降ろされた後にまた搭乗し、ミルウォーキーには1時間半遅れで到着した。

連邦航空関連規則によれば、飛行機が誘導路にあるとき、乗客はシートベルトの着用が義務付けられている。

CNNの航空専門家は、飛行機は航空管制や地上管制の指示に従う必要があり、乗客の行為についていつでも命令できると指摘。ただ、こうしたルールの適用は散発的で、今回のように乗客が緊急を要する状況に陥るケースは多く、乗客に急がせて席に戻させるような対応も見られるという。

デルタ航空は今回の経緯について、「乗務員は全乗客の安全を保証するための訓練を受けている。乗客は飛行の全段階において、特に離着陸の重大な段階においては、乗務員の指示に従う必要がある」とのコメントを発表した。

メールマガジン

[PR]