新5ポンド札に「獣脂」、菜食主義者から非難の声 英

英国の新5ポンド札

英国の新5ポンド札

ロンドン(CNNMoney) イングランド銀行(英中銀)は30日までに、9月から流通が始まったポリマー(プラスチック)製の新5ポンド札から獣脂の痕跡が認められたと明らかにした。ベジタリアンやビーガンなどの菜食主義者から非難の声があがっており、一部からは中銀に対して紙幣に動物由来の生成物を使うことを停止するよう求める声も出ている。

ネットの嘆願サイトには、「このことは、ビーガンやベジタリアン、ヒンドゥー教徒、シーク教徒、ジャイナ教徒、そのほかの英国に住む何百万人にとって受け入れられない」とする文章が公開され、すぐに1万5000人以上から署名が集まった。

イングランド銀行の広報担当者によれば、この問題を把握したのはごく最近で、紙幣に使われるポリマーはイノビア・フィルムズ社から提供を受けたものだという。

イノビア・フィルムズの広報担当者は、同社のポリマーにはわずかながら獣脂の痕跡が存在していることを認めた。ある供給業者が、静電気防止のために獣脂を使ったという。供給業者の名前は明らかにしなかった。獣脂の除去に向けた取り組みを進めているが、非常に複雑な工程で時間がかかりそうだという。

広報担当者によれば、同社も最近まで獣脂が使われていたことは認識していなかった。同社の方針では、動物由来の原料を故意に製品に加えることはないという。

イングランド銀行はここ数年、紙のものよりも汚れに強く耐久性も高いなどの理由から紙幣をポリマー製に切り替えることを進めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]