豪競売会社、700年前の紙幣発見 明時代の羅漢像内部から

木造の羅漢像の頭部とその中から発見された700年前の紙幣

木造の羅漢像の頭部とその中から発見された700年前の紙幣

(CNN) 中国の明時代に作られた仏像の内部からこのほど、700年前の紙幣が発見された。

発見したのはオークション会社モスグリーン(オーストラリア)のアジア美術部門の責任者であるレイ・トレガスキス氏。14世紀に作られた木製の羅漢像の頭部を調査していたところ、内部の空洞にしわくちゃの紙が入っていることに気づいたという。

詳しく調べたところ、この紙片は明時代の紙幣であることが判明した。中国で発行された紙幣としては最も古い部類に入るものだ。

「紙幣が木製の仏像の内部で見つかったのは、私たちが知る限りでは初めてだ」とトレガスキス氏は言う。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]