英国留学、9年ぶりの低水準に 移民への規制強化響く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
移民を抑制する政策に伴い、留学生の受け入れも減少傾向に

移民を抑制する政策に伴い、留学生の受け入れも減少傾向に

とはいえ各国からの留学生は英国の大学にとって重要な収入源だ。こうした学生は英国や欧州連合(EU)域内出身の学生よりも高い授業料を払っている。12年の政府統計によれば、留学生は英経済に180億ポンド(現在のレートで約2兆3900億円)相当の貢献をしたという。

前出のマレー氏は「留学生は(大学の)地元にも金を落としている。(学生ビザを取るには)銀行口座に就学費用をまかなえるだけの金が入っていることを証明しなければならない。つまり(留学生受け入れに)英国の財政負担はまったくない」と述べた。

留学生はまた、全大学院生の40%以上を占めており、英国の研究機関が高水準を維持するのに欠かせない存在だ。

留学生の半分以上はEU域外の出身者だ。最も多いのは中国出身者で、次いで米国からの学生となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]