水と電気とネットを供給、「ワットリー」がアフリカを変える

機器の普及はアフリカの農村社会に多大な恩恵をもたらすとみられる=ワットリー提供

機器の普及はアフリカの農村社会に多大な恩恵をもたらすとみられる=ワットリー提供

現地のパートナーや外国人投資家

アッティサニ氏は今年7月、見込み客や投資家らに、長さ40メートル、重さ15トンという、より規模の大きなワットリーの最終設計を発表する。

アッティサニ氏は「すでに複数の大企業の支持を得ているが、まだ企業名は明かせない」とし、大手の携帯電話会社やエネルギー関連会社が興味を示していると述べるにとどまった。

またこのプロジェクトは、欧州連合(EU)の研究イノベーション計画「ホライズン2020」から140万ユーロ(約1億6600万円)の出資を受けている。

EU報道官は「このプロジェクトは、特にアフリカにおいて多大な社会的、経済的効果をもたらす可能性がある」とし、さらに次のように続けた。

「このプロジェクトの目的は、クリーンなエネルギーと水という生命維持に欠かせない2つの資源を切に必要としている国の人々にこれらの資源を提供し、(中略)最終的には数百万人の生活水準の向上に貢献することにある」

しかしアッティサニ氏は、この機器を広く普及させるには、地元の非政府組織(NGO)や市民社会の協力が必要と訴える。

アッティサニ氏は「いかなる技術も人的要因なしに世界は変えられない」とし、「現地のパートナーがロジスティックスを担い、宣伝を行い、教育に関与し、機能を活用することになる」と付け加えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]