米国株、銃関連銘柄が軒並み急騰 フロリダ州の銃乱射受け

2016.06.14 Tue posted at 12:00 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米フロリダ州オーランドで49人の犠牲者を出した銃乱射事件を受け、13日の米株式市場は銃の販売増大を見越して銃器メーカー、スミス&ウェッソンなどの関連銘柄が軒並み急騰した。

事件はオーランドのナイトクラブで12日未明に発生。翌13日の株式市場ではスミス&ウェッソンやスターム・ルガーの株価が10%近く上げたほか、弾薬メーカーのビスタ・アウトドアーズも上昇。ウィンチェスター銃のブランドを保有するオーリンや、スポーツ・狩猟用品小売りのカベラスもわずかに値上がりした。

同じことは過去の銃撃事件でも繰り返されてきた。

過去にはコネティカット州の小学校、コロラド州の映画館、サウスカロライナ州の教会、直近ではカリフォルニア州サンバーナディノで銃乱射事件が起き、多数が犠牲になった。

こうした事件が起きるたびに銃規制強化が叫ばれ、銃が買いにくくなることを見越して一時的に販売が急増していた。

メールマガジン

[PR]