NYからロンドンまで1時間半、エアバスが超音速機の特許取得

特許申請書に含まれた超音速機の図=Airbus

特許申請書に含まれた超音速機の図=Airbus

ニューヨーク(CNNMoney) 米ニューヨークから英ロンドンまで1時間半で到達できるという超音速ジェット機の特許を航空機メーカー大手のエアバスが取得した。

かつての超音速機「コンコルド」は、ニューヨークとロンドン間の飛行時間を3時間半に短縮した。しかし同機は2003年に運航が停止された。

エアバスが今回特許を取得したのは、音速の4倍で飛行できるという「極超音速旅客機」。特許は2010年に出願され、先月承認された。乗客は出張旅行客や要人などを想定し、音速の壁を破る際に発生する爆発音を低減する設計についても記載している。

この特許について同社幹部は4日、CNNMoneyの取材に対し、同機はまだ研究段階にあり、実現しない可能性もあると説明。「知的財産を守るために出願している特許は年間数百件に上る。中にはまだコンセプトが生まれたばかりの研究開発段階のものもあり、すべての特許出願が技術や製品の実現に結び付くとは限らない」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]