ソーラー飛行機、ハワイに到着 世界最長の飛行時間

ソーラー飛行機、ハワイに到着 世界最長の飛行時間

(CNN) 太陽光エネルギーだけで世界一周飛行を目指す有人飛行機「ソーラー・インパルス2」が3日朝、118時間におよぶ太平洋横断飛行の末、米ハワイ州オアフ島に到着した。単独飛行時間のこれまでの世界記録を塗り替えた。

日本を離陸したのは5日前。悪天候のため数週間にわたり出発を見合わせてから出発し、世界一周飛行の旅程の中でも最も長く危険な、太平洋を横断する区間を乗り切った。

今回の太平洋横断は全13区間のうちの8区間目にあたる。飛行時間、飛行距離(8200キロ以上)ともにソーラー機の世界最長記録を更新した。

オアフ島のカラエロア空港に到着した操縦士のアンドレ・ボルシュベルグ氏は、コックピットを開け、手を振って人々の声援に応えた。同氏は5日間連続で座っていたことから、着陸後50分が経過するまで立ち上がろうとせず、操縦室で足のマッサージを受けた後、ようやくプラットホームに降り立った。

同機は3日朝、着陸に最適な状況を見極めるため、ハワイ上空で数時間にわたり空中待機。ハワイ上空に着陸灯が輝くのを見たチームの一員は、「本当に感動的な瞬間」とツイートした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]