車体の向こうが見える「透明トラック」 サムスンが開発中

サンフランシスコ(CNNMoney) 大型トラックに視界を遮られた後続車が、トラックの車体を透かして前方の様子を確認できるようにした「透明トラック」の開発を韓国のサムスン電子が進めている。

このトラックは車体前部に搭載した無線カメラで前方の様子を撮影。車体後部にはビデオスクリーン4枚で構成する大画面が取り付けられていて、前方の映像をここへ生中継する。

これで後続車両にも前方の様子が見えるようになり、対向車や障害物といった道路状況が確認できる。

2車線しかないような道路でトラックを追い抜こうとすれば、対向車の状況を見極めて素早く動く判断力が要求される。サムスンは、透明トラックを走らせればこうした状況での事故防止に役立つとの考えだ。

車の透明化に関する研究は各国で進められている。日本の研究チームは鏡とカメラを使ってトヨタの「プリウス」を透明化。英ジャガーは運転席からの死角をなくすため、車外の全方位の映像を車内に中継するシステムを開発中だ。

サムスンの透明トラックはまだ初期の試作段階にあり、実用化のめどは立っていない。道路上の走行実験はアルゼンチンで1度行われたが、その後は実施されていない。サムスンによれば、アルゼンチンは自動車事故が世界で5番目に多く、こうした技術の必要性があると判断したという。

今後は非政府組織(NGO)と連携して、当局の規制に沿った技術の開発を進めていく方針。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]