米ペットフード大手、中国製品の販売中止 安全性に懸念

香港(CNNMoney) 米ペットフード販売大手のペトコ社は8日までに、中国製の干し肉の製品の安全性に懸念が生じたとして店内から全て回収したと発表した。

米のペットフード大手が中国製品の販売を打ち切ったのは初めて。数千匹のペットが過去数年、この餌を食べて発病し、一部の製品は中国製だったという。

米食品医薬品局(FDA)は昨年6月、ペットフードなどに関する苦情は2007年以降、4800件に達し、犬5600匹以上が巻き込まれたと報告。このうち、死亡した犬は約1000匹だった。これらのペットフードには中国から輸入された鶏やアヒルの干し肉やサツマイモなどが含まれる。

FDAの獣医学部門の幹部は昨年6月、米連邦議会で中国の製造工場を含む調査結果を公表し、ペットの発病などの原因は突き止められなかったと報告。調査の継続も発表していた。

ペトコと、同じくペットフード大手のペットスマートの2社は昨年、中国製品の販売を止め、別の商品に切り替えるとの方針を発表。ペットスマート社は今春、この作業を終了する見通しとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]