上位400人で資産200兆円、米誌長者番付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20年連続で首位を維持したビル・ゲイツ氏

20年連続で首位を維持したビル・ゲイツ氏

ニューヨーク(CNNMoney) 米経済誌フォーブスがまとめた2013年版の米資産家上位400人の長者番付によると、400人の資産を合わせた総額は、堅調な株式市場や不動産価格の回復で過去最高の2兆200億ドル(約200兆円)となり、前年の1兆7000億ドルに比べて19%上昇した。1人当たりの平均資産も前年より8億ドル増えて50億ドル(約4950億円)となった。

マイクロソフトのビル・ゲイツ会長は資産総額720億ドル(約7.1兆円)で、20年連続で首位をキープした。2位の投資会社バークシャー・ハサウェイ会長ウォーレン・バフェット氏は資産総額585億ドル(約5.8兆円)。前年比125億ドル増と、増えた額は最も大きかった。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、株価上昇に押されて資産総額が前年より96億ドル増の190億ドル(約1.9兆円)となり、昨年の36位から一気にトップ20入りを果たした。

女性は48人がランキング入りした。このうちハイアット・ホテル創業一族のジェニファー・プリツカー氏は、以前はジェームズ・プリツカーという男性として知られていた。フォーブズによると、トランスジェンダーで番付入りしたのは同氏が初めてだという。 

400人のうち314人は前年よりも資産が増加。一方、資産が減ったのは30人にとどまった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]