「中国から豚肉輸入しない」 米食肉加工大手CEO

スミスフィールド・フーズの買収を巡って米議会で議論=同社提供

スミスフィールド・フーズの買収を巡って米議会で議論=同社提供

ニューヨーク(CNNMoney) 米食肉加工大手スミスフィールド・フーズのポープ最高経営責任者(CEO)は10日、米上院で証言し、同社が中国企業に買収されても中国産豚肉を輸入することにはならないと述べた。

スミスフィールドは世界最大級の豚肉加工業者で、5月に中国の双匯国際による買収で合意したと発表。買収額は約50億ドル(約5000億円)に上るという。現在、米外国投資委員会が安全保障上の影響などを審査しており、承認されれば、中国企業による米企業への買収としては過去最大級となる。

だが連邦議会や業界関係者からは、国内産業や知的財産、安全保障への悪影響を心配する声が上がっている。

ポープCEOは米上院農林委員会の公聴会で、買収では米国産豚肉の中国への販路が広がるだけで、中国から豚肉を輸入するわけではないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]