ゲータレードが原材料変更へ、15歳少女の嘆願で

ゲータレードが原材料変更へ、15歳少女の嘆願で

(CNN) スポーツ飲料「ゲータレード」に使われていた食品添加物について15歳の少女が問題を提起したことを受け、同飲料を生産する米ペプシコは、米国で販売していた一部製品の成分を変更すると発表した。

米ミシシッピ州に住むサラ・カバナーさん(15)は、愛飲していたオレンジのゲータレードの原材料名にふと目を留め、すぐに残りをすべて廃棄。成分の変更を求めてインターネットで嘆願活動を始めた。

問題にしたのは、色素や風味の分離を防ぐ目的でさまざまな飲料に使われている臭素化植物油(BVO)という添加物だった。カバナーさんが読んだ科学誌の記事によれば、この添加物は日本や欧州で使用が禁止されており、臭素は化学薬品メーカーの特許で「難燃剤」として扱われている。

「英国のゲータレードはBVOを使っていない。(米国でも)この材料なしで同じ製品を作れるはず」とカバナーさんは訴える。嘆願には20万人を超す署名が集まった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]