米NYでの「パワーランチ」 グルメガイド創業者が薦める3店

セントラルパークのすぐ隣にある三つ星レストラン、ジャン・ジョルジュ。アジアの味を取り入れたフランス料理が楽しめる。ランチタイムには38ドルのお得なセットメニューも=同店提供

セントラルパークのすぐ隣にある三つ星レストラン、ジャン・ジョルジュ。アジアの味を取り入れたフランス料理が楽しめる。ランチタイムには38ドルのお得なセットメニューも=同店提供

ジャン・ジョルジュ

無制限の予算がなくても、おしゃれでおいしいレストランはたくさんある。多くの店ではビジネス客向けに、定額のランチメニューを用意している。

中でもザガット氏のお薦めは、セントラルパーク近くのトランプ・インターナショナル・ホテル内にあるジャン・ジョルジュ。ミシュラン・ガイドで三つ星を獲得したレストランだが、38ドルで「マスとカキのカルパッチョ」に「シビレ(牛の胸腺)の春タマネギとハイビスカス添え」といったランチセットを楽しめる。

このレストラン、実は過去5年間でザガット氏が一番よく通った店だという。

スタンダード・グリル

ダウンタウンのカジュアルなレストラン。IT業界の未来の主役たちが、Tシャツとジーパン姿で訪れる。

時代の最先端を走る当店のメニューは、メーン料理が15ドル前後。取引相手と経理担当者をどちらも喜ばせることができるだろう。

一帯はかつての食肉問屋街が再開発された地区だ。「アメリカン・ビストロ」をコンセプトとするメニューには、職人手作りのソーセージやハムとともにアメリカらしいハンバーガーやステーキが並ぶ。

マイケル・ベイリー店長は「セクシーでファッショナブルな、若いお客様が中心です」と胸を張った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]