米NYでの「パワーランチ」 グルメガイド創業者が薦める3店

生ハムやサラミにガーキンきゅうりを添えた一皿。フォーシーズンズは確かに高いが、取引相手の心をつかむには最高の店といえる=同店提供

生ハムやサラミにガーキンきゅうりを添えた一皿。フォーシーズンズは確かに高いが、取引相手の心をつかむには最高の店といえる=同店提供

ニューヨーク(CNN) 「相手のハートをつかむには胃袋をつかめ」――恋愛だけでなく、ビジネスにも通じる言葉だ。「パワーランチ」という言葉が生まれたとされる街ニューヨークでは、レストランの選択が商談の中身と同じ重みを持つことさえある。

パワーランチとは、ビジネスミーティングを兼ねた昼食のこと。全米の個人消費が停滞するなか、ニューヨークのレストランでは会社負担のミーティングが好調を支えているようだ。レストランなどの格付けガイド、ザガット・サーベイの共同創業者ティム・ザカット最高経営責任者(CEO)によると、この街では金融危機のさなかでも、ぜいたくなパワーランチが当たり前の光景だった。

「店内は満席、ランチは全員100ドル(約7800円)以上。そんな店も30~40軒はすぐに思いつく」と話すザカット氏に、予算別のお薦めレストランを訪ねた。

フォーシーズンズ

ミッドタウンの超有名レストラン。80年代にウォール街の有力者や映画監督の間で人気を誇った。今も「予算に制限がないなら、この店しかない」とザガット氏。「ランチに100ドルかけても、100万ドルの商談がまとまれば何の問題もないはず」という理屈だ。

もちろん料理の値段だけでなく、店内の装飾から食器類までどれを取っても一流だが、なんといっても驚くのがその客層。「ランチタイムの店内は見たことのある顔ばかり。タイム誌の表紙をずらりと並べたかのよう」だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]