避難中の車に攻撃、女児と親族らの遺体発見 ガザ北部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
避難中の車がイスラエル軍の攻撃を受け、車内から助けを求めていたパレスチナ人の女児と親族の遺体が見つかった/Palestine Red Crescent Society

避難中の車がイスラエル軍の攻撃を受け、車内から助けを求めていたパレスチナ人の女児と親族の遺体が見つかった/Palestine Red Crescent Society

(CNN) パレスチナ自治区ガザ地区北部で先月、避難中の車がイスラエル軍の攻撃を受け、車内から助けを求めていたパレスチナ人の女児(5)が、同乗していた親族とともに遺体で発見された。

パレスチナ赤新月社(PRCS)によると、女児は先月29日、おじ夫妻やその子ども4人とともに車で避難する途中で攻撃を受けた。

女児の祖父から話を聞いたパレスチナ人ジャーナリストによれば、一族の遺体は約2週間後になってガザ市の南西、タルアルハワにあるガソリンスタンドの近くで見つかった。

PRCSがSNSに投稿した当時の音声記録によると、女児のいとこ(15)から助けを求める通報があった。この少女は電話中に射殺されたとみられる。

激しい銃声が響くなかで、いとこが「車内で狙い撃ちされている。戦車がすぐ隣にいる」と叫んだ後、声が途絶え、銃声も止まった。電話口の救急隊員が繰り返し声を掛けたが、返事はなかった。

生き残った女児は、おじ一家の遺体とともに閉じ込められた車内から、電話で必死に「助けて。怖い」と訴えていた。

女児の母親は9日、CNNとのインタビューで、「娘の帰りを待ち続けている」と話していた。女児は医師になるのが夢だったという。

PRCSはさらに、女児の救助に向かった救急隊員2人が死亡したことを確認した。事前に救急車で現場に出動する許可を得ていたにもかかわらず、イスラエル軍の標的になったという。

CNNはPRCSが示した位置情報などの詳細をイスラエル軍に説明したが、イスラエル軍はこの件を把握していないと答えた。

「パレスチナ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]