バングラデシュでデング熱が流行、死者1000人超 史上最悪規模

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バングラデシュでデング熱による死者が1000人を超えた/Syed Mahamudur Rahman/NurPhoto/Gtty Images

バングラデシュでデング熱による死者が1000人を超えた/Syed Mahamudur Rahman/NurPhoto/Gtty Images

(CNN) バングラデシュでデング熱による死者が1000人を超え、流行が史上最悪の規模に達している。人口が密集する都市部以外への拡大も報告されている。

保健当局が2日に発表した集計によると、同国で今年1月以降、子ども100人あまりを含む1017人がデング熱で死亡した。感染者数は20万8000人を超えた。

デング熱は蚊が媒介する感染症で、南アジア諸国では例年、7~9月の雨期に感染者が最も多くなるが、今年は4月末から増加していた。今年の雨季は長引いたうえに気温が高く、大雨が何度も繰り返されて、蚊が繁殖しやすい条件がそろった。

現地のメディアによると医療が逼迫(ひっぱく)し、病院の病床とスタッフが不足している。

死者は昨年の281人から4倍近くに増えた。当局によれば、9月だけで7万9600人以上の感染が報告され、396人が死亡した。

流行が秋まで続く事態も懸念されている。昨年は10月になってから感染者数が減少に転じ、11月にも死者の報告があった。

これまでの流行は首都ダッカなど人口密集都市で起きていたが、今年は農村部を含めた国内の全地域に拡大している。

「バングラデシュ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]