同性愛者向けのナイトクラブで銃撃、2人死亡 ノルウェー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銃撃現場となったナイトクラブの前で警備に立つ治安部隊の要員/Javad Parsa/NTB/Reuters

銃撃現場となったナイトクラブの前で警備に立つ治安部隊の要員/Javad Parsa/NTB/Reuters

(CNN) ノルウェーの首都オスロで25日、LGBTQ(性的少数者)向けのナイトクラブで銃撃事件が発生し、少なくとも2人が死亡、10人が負傷した。ロイター通信が公共放送NRKの報道をもとに伝えた。

銃撃が発生したクラブの名称は「ロンドンパプ」。公式サイトでは「オスロ最大のゲイやレズビアンのための場所」と銘打っている。

NRKの記者は同局のリポートで「かばんを持った男がやって来るのが見えた。男は銃を取り出し、銃撃を始めた」と述べた。

ロイター通信は地元警察の話として、容疑者は付近で逮捕されたが、現時点では動機は不明だと報じた。

オスロでは25日、性の多様性を訴える毎年恒例の「プライドパレード」が開催される予定となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]