スリランカ経済は「完全に崩壊」 首相が議会で発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スリランカ大統領事務局の入り口を妨害した抗議者の釈放を求める人々=20日、スリランカ・コロンボ/Dinuka Liyanawatte/Reuters

スリランカ大統領事務局の入り口を妨害した抗議者の釈放を求める人々=20日、スリランカ・コロンボ/Dinuka Liyanawatte/Reuters

スリランカの電力・エネルギー相は先週、同国には5日分の燃料しかないと記者団に語った。

スリランカは、主に隣国インドに頼ってきた。すでに40億ドル(約5400億円)の融資枠を受け取っているが、それも十分ではないかもしれないとウィクラマシンハ氏は指摘。「我々はインドにさらなる融資を要請している。しかし、インドでさえ、このような支援を継続的に行うことはできないだろう」と述べた。

次のステップはIMFとの取引だという。「これが唯一の選択肢だ。この道を歩むしかない。我々の目的はIMFと話し合いを持ち、追加融資枠を得るための合意に達することだ」とウィクラマシンハ氏は説明した。

また、現在、世界銀行、アジア開発銀行、米国とIMFの支援を受けるまでの「暫定的な短期融資を確保する」ための話し合いを行っているという。

米財務省の代表が来週スリランカに到着する予定で、加えて「主要融資国」の中国と日本にも援助も求めることにしている。

ウィクラマシンハ氏は「IMFの太鼓判をもらえば、再び世界から信頼されるようになる。世界の国々から低利融資を受けられるようになるはずだ」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]