ウクライナ検察、民間人男性殺害でロシア兵を起訴 裁判にかけられる兵士は初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) ウクライナ検察は11日の声明で、北東部スムイ州で民間人の男性(62)を殺害した罪でロシア兵を裁判にかける方針を発表した。本件で裁判にかけられるロシア兵は初めて。

検察は今回、モスクワ州の第4戦車師団「カンテミロフ」に所属するワディム・シシマリン被告(21)を起訴したと明らかにした。

シシマリン被告は、スムイ州の村の道路脇で自転車に乗っていた非武装の住民を殺害した疑いが持たれている。

声明によると、ロシア軍はタイヤがパンクした盗難車でこの村に乗り込んだ。

その際、兵士らは電話で話しながら自宅に戻る男性を目撃。ロシア兵の1人は軍曹に対し、ウクライナ軍に通報されるのを防ぐため男性を殺害するよう命じた。シシマリン被告は窓を開けた車内から、カラシニコフ小銃で男性の頭部に数回発砲したとされる。

シシマリン被告は現在勾留中。検察やウクライナ保安庁の捜査員は、戦争の法と慣習に違反した罪や、ウクライナ刑法上の殺人罪に問う十分な証拠を収集したという。有罪になれば10~15年の禁錮刑か終身刑が言い渡される可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]