キーウにロシアのミサイル、国連事務総長の訪問中 ウクライナ大統領発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミサイルが着弾し煙が上がる=28日、キーウ/John Moore/Getty Images

ミサイルが着弾し煙が上がる=28日、キーウ/John Moore/Getty Images

(CNN) ウクライナのゼレンスキー大統領は28日、国連のグテーレス事務総長の訪問中に、ロシアがウクライナの首都キーウ(キエフ)をミサイルで攻撃したとして非難した。

ゼレンスキー大統領は定例のビデオメッセージの中で、「本日、キーウで(グテーレス事務総長との)会談が終わった直後に、ロシアのミサイルが同市に飛来した。5発のミサイル。これは国際機関に対するロシアの真意を物語る。ロシア指導部は、国連と国連が代表するもの全ての体面を汚そうとしている。従ってこれに相応する強硬な対応が求められる」と述べた。

ロシアのミサイルは、キーウのほかファスチウ、オデーサ、フメルニツキなどの都市を攻撃したとゼレンスキー大統領は語り、「まだ気を緩めてはならない、戦争が終わったと思ってはならないことが、改めて裏付けられた。我々はまだ戦わなければならない。占領者を追い出さなければならない」と力説している。

ウクライナのシュミハリ首相も、グテーレス事務総長との会談中に爆発音が聞こえたとツイート。「ウクライナの戦争は、世界の安全保障に対する攻撃だ」と強調した。

キーウ当局の発表によると、28日午後8時13分ごろ、キーウ市内で砲撃による火災が発生。25階建て集合住宅の1階と2階部分が破壊された。火災は同9時25分に消し止められ、捜索救助活動が行われている。これまでに、5人が救助され、10人が負傷したとの報告が入っているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]