米国防長官、ウクライナでの米ロ代理戦争の構図を否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オースティン米国防長官(左)が、ウクライナ戦争は米ロの代理戦争ではないと強調した/Ukrainian Presidential Press Office/AP

オースティン米国防長官(左)が、ウクライナ戦争は米ロの代理戦争ではないと強調した/Ukrainian Presidential Press Office/AP

(CNN) 米国のオースティン国防長官は28日までに、ウクライナ戦争に触れ、米国とロシアの代理戦争の様相を深めているとの見方を否定した。

記者団の代表取材の会見で「これまでも、また現在も明らかにウクライナの戦いである」と指摘。

「ウクライナの隣国、同盟国やパートナー国はウクライナが成功を収めるために必要なものを持たせる努力を強化している」とし、「ウクライナ人は自分の土地で主権を守るために戦っている」と説いた。

同長官は先に、ロシアのウクライナ侵攻を受け米国の目標の一つはロシアの「弱体化」と主張。同国によるウクライナへの威嚇行為を同盟国に仕向けない程度まで国力を弱めることだと述べていた。

一方、ロシアのラブロフ外相は28日までに、ウクライナを越えて軍事衝突が広がる相当なリスクがあると警告し、北大西洋条約機構(NATO)は代理戦争に関与していると非難した。

ロシアの国営テレビとの会見で、第3次世界大戦が起きる可能性を問われて答えた。ロイター通信はロシア外務省が発表した会見内容に依拠しながら、今回のラブロフ氏の発言は従来と比べ激越さの度合いが強まっていると伝えた。

「危険性は深刻であり、現実的なものだ」とし、「この状況を過小評価してはならないと」と主張。「NATOは本質的に代理人を通じてロシアと戦争しており、その代理人を武装させている。宣戦布告だ」と反発した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]