仏大統領、ロシアのコロナ検査拒否 首脳会談に長大の机登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マクロン大統領(右)とプーチン大統領の会談に使用された長大な机に注目が集まった/SPUTNIK/AFP/Getty Images

マクロン大統領(右)とプーチン大統領の会談に使用された長大な机に注目が集まった/SPUTNIK/AFP/Getty Images

(CNN) フランス大統領官邸は12日までに、マクロン大統領がウクライナ情勢の打開を目指してロシアを先に訪問した際、同国が求めた新型コロナウイルスの検査を拒んだことを明らかにした。

官邸の報道官はただ、マクロン氏が自らのDNA情報がロシア当局に流れることを嫌い、検査を退けたとした一部報道への論評は避けた。

マクロン氏とプーチン氏はロシア大統領府で7日、5時間以上にわたって会談。最長で6メートルもあるとみられる大きなテーブルの両端に両首脳が遠く離れて座り、話を交わす異例の姿はインターネット上などで話題を集めていた。

仏大統領官邸の報道官は11日、「両首脳がより短い距離の間隔で着席し、協議することはフランスが受け入れなかった」と指摘。「ロシア側の新型コロナ対策に準じた協議の進行方式を選んだ。それだけのこと」と述べた。

マクロン大統領は渡航する際、新型コロナ対策でなすべきことは常にしているとも説明。同大統領が自分のDNA情報がロシア側へ流れることを警戒したとする一部報道については「奇抜な話に立ち入る価値はない」と一蹴(いっしゅう)した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]