フランスの衛生パス、高齢者は3回目接種も必要に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マクロン仏大統領は9日に演説を行い「衛生パス」を引き続き使用すると発表した/TF1/LCI/Pool/AFP

マクロン仏大統領は9日に演説を行い「衛生パス」を引き続き使用すると発表した/TF1/LCI/Pool/AFP

パリ(CNN) マクロン仏大統領は9日、同国で新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する「衛生パス」について、65歳以上の高齢者は3回目の接種証明も必要になるとの見通しを示した。

マクロン氏はこの日、国民向けの演説で、50歳以上を対象とした3回目の接種が12月に始まると発表。同時に、65歳以上の衛生パスには12月半ば以降、3回目完了の記載も求める方針を示した。65歳以上の3回目接種は9月1日から始まっている。

衛生パスは、仏政府によるワクチン接種促進策の重要な柱となっている。公共交通機関の利用や公共、民間施設への入場にはパスの提示が求められる。

学校では今後、引き続きマスクの着用が義務付けられる。マスクは現在も屋内や公共交通機関で着用が義務化されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]