コカイン入り缶詰の密輸図る、男2人に禁錮刑 英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コカインを豆料理などの缶に詰めて密輸しようとしたとして男2人に禁錮刑が言い渡された/London Metropolitan Police

コカインを豆料理などの缶に詰めて密輸しようとしたとして男2人に禁錮刑が言い渡された/London Metropolitan Police

(CNN) 英ロンドン警視庁によると、2018年にコカイン25万ポンド(現在のレートで約3900万円)相当の密輸を図った罪で、男2人が今月、合計で禁錮15年の刑を言い渡された。 英ロンドン警視庁によると、2018年にコカイン25万ポンド(現在のレートで約3900万円)相当の密輸を図った罪で、男2人が今月、合計で禁錮15年の刑を言い渡された。

被告の2人組はともに43歳。調べによると、18年12月にロンドンからカリブ海の島国セントルシアへ渡航した。現地でコカイン計2.742キロを豆料理や加糖練乳の缶に詰め、ロンドン南東部の住所あてに送ったが、捜査当局の調べで中身が判明した。

両被告は当時、観光目的の入国と申告していた。荷物のリストには、缶にふたをするシーリング機が記載されていた。

一方の男が現地の郵便局から缶詰を発送した。身分証明書には偽造された運転免許証を使ったという。

2人は20年1月と3月にそれぞれ逮捕された。英国内へ違法薬物を輸入した罪で21年4月に起訴され、12日に量刑を言い渡された。

警視庁の担当者は声明で、この種の犯罪を重く受け止め、徹底的に捜査する姿勢を強調。「被告らが自身の行動を反省し、犯罪は割に合わないことを示す機会になることを願う」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]