ドイツ、年明けにも新型コロナワクチン不足か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医療従事者が持つ新型コロナワクチン=14日、ドイツ・ハンブルク近郊のショッピングセンター/Christian Charisius/dpa/Getty Images

医療従事者が持つ新型コロナワクチン=14日、ドイツ・ハンブルク近郊のショッピングセンター/Christian Charisius/dpa/Getty Images

(CNN) ドイツのローターバッハ保健相は14日、来年1~3月期に新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるにはワクチンの発注や備蓄が不十分だと明らかにした。ドイツでは新型コロナウイルス流行の「第4波」が引き続き手に負えない状況になるかもしれないとの懸念が出ている。

ローターバッハ氏は地元メディアの取材に対し、「ワクチン不足から抜け出すために数日にわたり作業している。しかし、実際のところ、十分なワクチンがない」と述べた。

ドイツでは新型コロナウイルスの感染件数増加を抑止しようとしているが、新たに見つかった新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」により感染は増加しており、欧州は再び流行の中心地となっている。

集中治療室(ICU)で患者を診る医師と看護師ら=11月30日、ドイツ・ロストック大学医療センター/Jens B'ttner/picture-alliance/dpa/AP
集中治療室(ICU)で患者を診る医師と看護師ら=11月30日、ドイツ・ロストック大学医療センター/Jens B'ttner/picture-alliance/dpa/AP

ドイツは先週、新型コロナウイルスによる1日あたりの死者数が2月以来最多を記録した。

ドイツでは今月上旬からワクチン未接種の人々に対して、スーパーや薬局など必要不可欠なものを除き店舗の利用を禁止した。

しかし、ワクチン接種を完了した人の割合は数週間にわたり70%未満の状況が続いている。1回目のワクチン接種を行った人はわずかで、現在ワクチン接種を行っている人の多くは追加接種となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]