新型コロナ飲み薬、FDA諮問委が賛成多数で許可勧告 妊婦のリスクに懸念の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FDAの諮問委員会が「モルヌピラビル」の緊急使用許可を勧告/Handout/Merck & Co,Inc./AFP/Getty Images

FDAの諮問委員会が「モルヌピラビル」の緊急使用許可を勧告/Handout/Merck & Co,Inc./AFP/Getty Images

(CNN) 米製薬大手メルクとリッジバック・バイオセラピューティクスが共同開発した新型コロナウイルスの飲み薬について、米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は11月30日、賛成多数で緊急使用許可を勧告した。

メルクとリッジバックが開発した「モルヌピラビル」は、新型コロナの重症化リスクや死亡リスクを約30%減らすことができるとされる。FDAの抗菌薬諮問委員会の採決では賛否が分かれ、賛成13票、反対は10票だった。

緊急使用許可が認められれば、新型コロナに対する初の経口抗ウイルス治療薬となる。

モルヌピラビルはカプセルの形状の飲み薬で、発症から5日以内に服用を開始して、1日2回の服用を5日間継続する必要がある。諮問委員会では妊婦に対するリスクについて懸念の声が上がった。

FDAは諮問委員会の勧告を受け、モルヌピラビルの緊急使用を許可するかどうか検討する。勧告に従う必要はないものの、大抵の場合は従っている。

新型コロナの抗ウイルス薬については、米ファイザーも11月に承認を申請しているが、FDAはまだ諮問委員会開催の日程を発表していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]