英エリザベス女王、杖をついて行事に出席 主要な公式行事で初か

エリザベス女王、杖をついて公式行事に出席

(CNN) 英国のエリザベス女王(95)が12日、ロンドンにあるウェストミンスター寺院での行事に出席した際、杖をついて歩く珍しい姿を見せた。

女王は退役軍人会の慈善団体100周年を記念する行事に出席していた。

王室関係者はCNNに対し、女王は「安心感」を得るために杖を使ったと話している。

CNN提携局ITNなど、英国メディアが報じたところによれば、主要な公的行事で杖の助けを借りたのは初めてとみられる。

杖をつく女王の姿が最後に目にされたのは、損傷した右膝(ひざ)の軟骨組織の除去手術後の2003年だった。

1952年2月6日に即位した女王は2015年、同国史上最長だった高祖母のビクトリア女王の在位期間である63年7カ月の記録を抜いた。

女王の在位70年の祝賀行事は22年5月に予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]