レズビアンとシングル女性の不妊治療、フランスで合法化 欧州13カ国目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オロル・フーシーさんをはじめとするLGBT(性的少数者)活動家の人々は長年にわたり不妊治療に関する権利を求めて活動を続けている/Courtesy Aylau Tik

オロル・フーシーさんをはじめとするLGBT(性的少数者)活動家の人々は長年にわたり不妊治療に関する権利を求めて活動を続けている/Courtesy Aylau Tik

パリ(CNN) フランスでこのほど、女性同士のカップルや独身女性の不妊治療を合法化する法律が施行された。法案は6月に議会を通過し、保健相が9月29日に署名して成立させた。

LGBT(性的少数者)活動家のオロル・フーシーさんは、「フランスにとって大きな一歩。この権利のために長いこと戦ってきた」と歓迎する。

フーシーさんは、IT業界で働くパートナーのジュリー・リゴさんと出会って間もなく同居を始め、部屋を1つあけてベビーベッドを購入した。2人とも30代で、「一緒に家庭を築くのは筋が通っていた」とフーシーさんは言う。

欧州で女性同士のカップルと独身女性の両方に不妊治療を提供する国は、欧州連合(EU)加盟国の一部と英国、アイスランドに続いてフランスが13カ国目。国内のクリニックは需要増大を見込んでいる

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]