スーパーの食品に大量の針混入、容疑者の男逮捕 英ロンドン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
針の混入があった店舗を調べる捜査員/Peter Manning/LNP/Shutterstock

針の混入があった店舗を調べる捜査員/Peter Manning/LNP/Shutterstock

(CNN) 英ロンドン市内のスーパーマーケット3店舗で食品に針が混入される事件があり、容疑者の男が逮捕された。

ロンドン警視庁の26日の発表によると、現地時間の25日午後7時40分ごろ、男が路上で通行人をののしっているとの通報があった。

警察によれば、男はロンドン南西部のスーパーマーケット3店舗で、加工肉や電子レンジ食品に大量の針を混入していたとされ、「公衆に危害を加えたり不安を感じさせたりする目的で異物を混入させた疑い」で逮捕された。

被害に遭ったスーパーマーケットは営業を中止し、犯行現場として捜査が行われている。

この3店で25日夕刻に食品を購入した客に対しては、念のため破棄するよう呼びかけている。

「現時点で、何点の商品に何が混入されたのかは分かっていない」と警察は説明、「この地域でほかにも事件に巻き込まれた店がないかどうか、捜査を行っている」とした。

被害に遭ったスーパーマーケットは、環境衛生の専門家の協力も得て対応に当たっているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]