イスラエル軍、再びガザ空爆 風船爆弾への報復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建物の上部に浮かぶ煙と炎=16日、パレスチナ自治区ガザ地区/Mahmud Hams/AFP/Getty Images

建物の上部に浮かぶ煙と炎=16日、パレスチナ自治区ガザ地区/Mahmud Hams/AFP/Getty Images

(CNN) イスラエル軍は16日未明、パレスチナ自治区ガザ地区に対する空爆を実施した。ガザ地区から放たれた風船爆弾への報復としている。

イスラエルメディアの報道によると、風船爆弾は同国南部で複数件の火災を引き起こした。

パレスチナ通信(WAFA)はガザのハーンユーニスで空爆があり、物的な被害があったと伝えた。ガザ市南部も標的となったが、いずれの地域でも人的被害はないとしている。

先月にはイスラエルとガザの間で数百人が死亡する武力衝突が発生し、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエルは停戦に合意していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]