イスラエル大連立政権が発足 ネタニヤフ首相退陣

イスラエルで連立政権が発足し、通算で15年にわたって首相を務めたベンヤミン・ネタニヤフ氏が退陣した/Ariel Schalit/AP

イスラエルで連立政権が発足し、通算で15年にわたって首相を務めたベンヤミン・ネタニヤフ氏が退陣した/Ariel Schalit/AP

エルサレム(CNN) イスラエル国会(定数120)は13日、右派政党「ヤミナ」のベネット党首が率いる連立政権を賛成60、反対59の小差で信任した。建国以来最長の通算15年間にわたり首相を務めたネタニヤフ氏に代わって、ベネット氏が首相に就任した。

ベネット氏はネタニヤフ政権下で国防相、経済相、教育相などを歴任した人物。信任投票に先立つ演説では連立政権の多様性を強調し、「意見の大きく異なる人々と協力できる自分の能力を誇りに思う」と述べた。

ヤミナは国会で保有するのがわずか7議席と、首相の政党としては前例のない小政党だ。新政権には「反ネタニヤフ」で結束した右派と左派、さらに史上初のアラブ系政党も参加する。中道政党「イエシュ・アティド」のラピド党首が連立成立を発表していた。

ネタニヤフ氏の率いる右派「リクード」は3月の総選挙で30議席を獲得したものの、連立協議で過半数の支持を得られず失敗に終わった。新政権を「弱腰で危険」と批判していた。

ネタニヤフ氏の発言中に会話をかわす、新首相のナフタリ・ベネット氏とアイェレット・シャクド氏/Ariel Schalit/AP
ネタニヤフ氏の発言中に会話をかわす、新首相のナフタリ・ベネット氏とアイェレット・シャクド氏/Ariel Schalit/AP

新政権にはパレスチナ国家の樹立に反対する2政党も含まれ、パレスチナ和平交渉を進めるのに必要な意見の一致は望めない。ベネット氏は連立合意に基づき2年後に首相をラピド氏に引き継ぐまでの間、内政問題に集中するとみられる。新政権は3カ月以内に予算を成立させることができなければ、解散・総選挙を余儀なくされる。

バイデン米大統領は13日、ベネット氏の就任を祝う声明を発表し、同氏と電話で会談した。米ホワイトハウスによると、両首脳は対イラン政策など地域安全保障にかかわるすべての問題で緊密に連携することで合意した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]