北朝鮮、米韓批判の談話 対抗措置を表明

金正恩・総書記と金与正・朝鮮労働党副部長。北朝鮮が米韓を批判する談話を発表した /Pool/Getty Images

金正恩・総書記と金与正・朝鮮労働党副部長。北朝鮮が米韓を批判する談話を発表した /Pool/Getty Images

(CNN) 北朝鮮は2日、米国と韓国の動きを批判する一連の談話を発表し、それぞれ厳しい対抗措置を取ると警告した。

談話のひとつは北朝鮮外務省の米国担当局長が発表。バイデン米大統領が先月28日の議会演説で、北朝鮮の核開発について「米国と世界に対する安全保障上の深刻な脅威だ」と述べたことに対し、「冷戦思考で時代遅れの政策」だと反発を示した。

北朝鮮外務省は別の談話でも、米国務省が先週、北朝鮮を「世界で最も抑圧的で全体主義的な国家のひとつ」と呼んだことを「政治的欺瞞(ぎまん)」と非難した。

米国務省が北朝鮮の人権状況を批判したコメントに対しても「人権を語る資格はない」と反発。「米国では社会的不平等と人種差別で毎日罪のない人々が命を落とし、新型コロナウイルス感染症で58万人が死亡している。米国自体が人権の不毛地帯だ」と主張した。

また金正恩(キムジョンウン)総書記の実妹、金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党副部長を名乗る談話では、韓国の脱北者らが軍事境界線付近で北朝鮮批判のビラを散布した行為に強く反発した。

与正氏は脱北者団体を「汚い人間のくず」、ビラ散布を「下劣な行為」などと呼び、深刻な挑発行為とみなして対抗措置を取ると述べた。

韓国では昨年、ビラ散布を違法とする法案が可決されたが、与正氏は韓国当局が散布を阻止できなかったとして責任を追及した。

バイデン氏と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は今月、米首都ワシントンで会談する予定。

専門家らは、北朝鮮がこれに先立ち、南北融和路線を維持する文政権と米国との間にくさびを打ち込もうとした可能性を指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]