逃亡中のマフィア容疑者、ユーチューブの料理動画で警察に見つかり逮捕

麻薬密売にかかわっていたマフィアのメンバーとされる男がドミニカ共和国で逮捕された/Polizia di Stato

麻薬密売にかかわっていたマフィアのメンバーとされる男がドミニカ共和国で逮捕された/Polizia di Stato

(CNN) 2014年から逃亡を続けていたマフィアのメンバーとされる男が、ドミニカ共和国で警察に逮捕された。逮捕のきっかけになったのは、この男が趣味でユーチューブに投稿していた料理動画だった。

イタリア金融警察の発表によると、犯罪組織「ヌドランゲタ」のメンバーとされるマルク・フェレン・クロード・ビアルト容疑者(53)は今月24日に逮捕され、29日にイタリアに到着した。

同容疑者はイタリア系オランダ人で、イタリアとオランダ間の麻薬密輸にかかわったとされる。

これまではドミニカ共和国の首都サントドミンゴに近い観光地ボカチカで生活し、「マーク」とのみ名乗って慎重に行動していた。

ところが同容疑者は、イタリア料理のレシピ動画を妻と共にユーチューブに投稿していた。動画に顔は出さなかったものの、捜査当局は入れ墨からビアルト容疑者を突き止めることができたと説明する。「イタリア料理好きのおかげで(警察が)ウェブとSNSをたどって同容疑者を追跡でき、入れ墨好きのおかげであの料理人が容疑者だと分かった」

容疑者はレシピ動画を妻と共にユーチューブに投稿していた/Polizia di Stato
容疑者はレシピ動画を妻と共にユーチューブに投稿していた/Polizia di Stato

ビアルト容疑者は国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に逮捕され、航空機でイタリアのミラノに移送された。かつてはコスタリカに住んでいたが、5年ほど前にドミニカ共和国に移っていたという。

今回の容疑者逮捕は、世界10カ国がかかわるヌドランゲタ摘発作戦の一環だった。同作戦はイタリアが資金を拠出してインターポールが主導している。

捜査当局はビアルト容疑者について、ヌドランゲタの中でも特に危険な逃亡者だったと形容する。当局によると、ヌドランゲタはイタリアで最大の勢力をもつマフィアで、欧州に入るコカインの推定80%を支配している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]