感染衰えず国民に高機能マスクの着用指示、N95など 独

より強力な新型コロナ対策を打ち出したドイツのメルケル首相/Filip Singer/Pool/Getty Images

より強力な新型コロナ対策を打ち出したドイツのメルケル首相/Filip Singer/Pool/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない状況に苦慮するドイツ政府は21日までに、全国規模の封鎖措置を2月半ばまで延長し、マスクについてもウイルス侵入を防ぐより高機能な製品の着用を国民に求める新たな対応策を発表した。

メルケル同国首相と全16州の州政府首相が19日夜、長時間の協議後に合意した事項を踏まえたもの。封鎖措置は昨年12月に打ち出されていた。

今回の新たな対応策に従い、国民は公共輸送機関や店舗内で医療従事者らが使用する「FFP2」や「N95」などの高機能マスクの装着が義務づけられた。新型コロナウイルスの新たな変異型の出現への危機感が要因ともなっている。

別の論点となっていた学校教育の問題については、当初は閉校が決まっていたが、最終的には各州政府の裁量に委ねることにした。

ドイツ政府系の医療研究機関ロベルト・コッホ研究所は20日、1148人の新たな犠牲者が判明したと報告。1日当たりの死者としては今月14日以来の高水準だった。コロナ禍での累計死者数は4万8770人。

20日に把握された新たな感染者数は1万5974人で、累計では206万8002人に達した。

同研究所によると、初回分のワクチン投与をこれまで受けた国民は119万5543人で、このうち2回目の接種も終えたのは2万4741人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]