ワイン農園のぶどう500キロ、収穫直前に盗まれる カナダ

カナダのケベック州にあるワイン農園で収穫直前のぶどう500キロが盗まれた/Courtesy Coteau Rougemont

カナダのケベック州にあるワイン農園で収穫直前のぶどう500キロが盗まれた/Courtesy Coteau Rougemont

(CNN) カナダ東部ケベック州ルージュモンのワイン農園で先週、収穫直前のぶどう500キロ、ワイン300本分余りが一夜のうちに盗まれた。

家族経営のぶどう園「コトー・ルージュモン」のオーナー、ミシェル・ロベールさんによると、22日朝にシーズン最後の収穫に向かった作業員らが、樹列にかけてあったネットの半分が取り払われ、ぶどうもなくなっていることに気付いた。

盗まれたのは白ワインに使われるヴィダル種のぶどう500キロ。ワインにして325本分、小売価格で5000カナダドル(約40万円)に相当する。

ロベールさんによると、犯行グループは真夜中にオフロード車とゴミ袋、小型トレーラーを使ってぶどうを持ち去ったとみられる。

樹列にかけてあったネットの半分が取り払われ、ぶどうもなくなっていた/Courtesy Coteau Rougemont
樹列にかけてあったネットの半分が取り払われ、ぶどうもなくなっていた/Courtesy Coteau Rougemont

同農園の年間収穫量は150トンほど。「収穫の日に向けて6カ月間、丹精込めて育てたのに」と、ロベールさんは悔しさをにじませる。

警察に届けたが、今のところ手掛かりはない。ロベールさんは、プロのワイン醸造業者でなく「ガレージや地下室でワインを作ってみたいと思ったアマチュア」が盗んだのではないかと話す。

園内ではこれまでも、民家に近い区画で少量のぶどうが盗まれることがあったものの、これだけ大きな被害は初めてだという。

同農園ではぶどうの行方を知る手がかりとなる情報の提供者に、ワイン5ケースを贈ると呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]