パレスチナ自治区ガザで初の市中感染、難民キャンプで

パレスチナ自治区ガザで新型コロナウイルスの市中感染が判明/NIAID-RML

パレスチナ自治区ガザで新型コロナウイルスの市中感染が判明/NIAID-RML

(CNN) パレスチナ自治区ガザの保健省は27日までに、同地区中部にあるマガジ難民キャンプに住む一家4人の新型コロナウイルスの感染が判明し、ガザ全域を48時間にわたって閉鎖する措置を講じたと発表した。

ガザ地区で新型コロナの市中感染が見つかったのは初めてともした。

ガザを実効支配するイスラム組織ハマスはオンライン上の声明で、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が昨年12月に始まって以降、隔離施設以外でガザの住民が感染したのは初めてと述べた。

小康状態が過去数カ月続いていたガザとイスラエルの関係はここに来てガザの武装勢力がイスラエル南部へのロケット弾発射などを再開し、緊張感を増している。イスラエル軍は報復措置としてハマスの施設や軍事拠点に空爆や戦車の砲撃を加えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]