英、香港との犯罪人引き渡し条約を停止 対中武器禁輸も適用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国のラーブ外相。香港との間の犯罪人引き渡し条約を停止する方針を発表した/House of Commons

英国のラーブ外相。香港との間の犯罪人引き渡し条約を停止する方針を発表した/House of Commons

(CNN) 英政府は20日、香港との間に結んだ犯罪人の引き渡し条約を「即時かつ無期限に」停止すると発表した。中国本土による香港への「国家安全維持法(国安法)」の施行を受けた措置としている。

英国のラーブ外相は同日議会で発言し、国安法の施行に伴って香港との犯罪人引き渡し条約を支持する前提が大きく変化したと指摘。同法の下で暮らす市民に法的な保護が適用されない懸念があるとの見方を示した。

そのうえで「明確かつ強固な保護措置が設けられ、国安法の誤った運用による英国からの引き渡しが防げる状態になるまで条約の再開を検討することはない」と強調した。また中国政府に対し、「英国は状況を注視している。全世界もまた事態を見守っている」と警告した。

ラーブ氏は、英国が中国と「前向きで建設的、互恵的な関係」を築くことを望んでいると述べる一方、国安法は香港返還時の両国の共同宣言に対する明確かつ重大な違反だと批判した。

英国はこのほか、中国に対する武器禁輸の範囲を香港にも広げる方針を明らかにした。

中国への輸出制限や犯罪人引き渡し条約の停止をめぐっては、すでにオーストラリア、カナダ、米国、欧州連合(EU)も同様の措置に動いている。

中国外務省は20日、英国の発表に対して「国際法の重大な違反」であり、「中国に対する酷い内政干渉」だと非難した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]