世界のコロナ死者、50万人超す 感染者数は1000万人突破

新型コロナウイルス感染症による世界全体の死者が50万人を超えた/Scott Olson/Getty Images

新型コロナウイルス感染症による世界全体の死者が50万人を超えた/Scott Olson/Getty Images

(CNN) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば、新型コロナウイルスの感染症による世界全体の死者が50万人を超えた。世界全体での感染者数は1000万人を突破した。

ジョンズ・ホプキンス大学によれば、28日夕の時点で、世界全体の死者数は50万108人となった。世界で最も死者が出ている国は米国で、12万5000人以上が死亡している。

ジョンズ・ホプキンス大学によれば、米国の新型コロナウイルスの感染者は250万人を超えた。

世界保健機関(WHO)米州事務局の汎米保健機構(PAHO)によれば、過去1カ月で中南米での感染件数が3倍に増加し、感染者の数は200万人を超えた。

ジョンズ・ホプキンス大学によれば、南米ペルーは感染者数で世界6位。28日には新たに3430人の感染が報告された。感染者の合計人数は27万9419人で、スペインやイタリアの人数を上回っている。新型コロナウイルスによる死者数は9317人。

イスラエルの保健当局は新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」が始まったと警告した。過去数週間は封じ込めに成功していたようだが、新規感染者の数が急増している。イスラエルでは数週間前に経済活動の再開を始めたが、日々の新規感染者数は500人を上回っている。5月半ばの新規感染者数は1日あたり20人で、ひとけたを記録することもあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]