モスクワで5万人に抗体検査、市民の12.5%が感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア首都モスクワで新型コロナウイルスの抗体検査が行われ、市民の約12.5%が感染していたことがわかった/ANDREAS RENTZ/GETTY IMAGES EUROPE/GETTY IMAGES

ロシア首都モスクワで新型コロナウイルスの抗体検査が行われ、市民の約12.5%が感染していたことがわかった/ANDREAS RENTZ/GETTY IMAGES EUROPE/GETTY IMAGES

(CNN) ロシアの首都モスクワで実施された新型コロナウイルスの抗体検査で、市民の12.5%前後が感染していたことを示す結果が発表された。

検査は市当局が今月15日から正式に開始し、5万人以上を対象に実施した。市内30カ所の医院を指定し、無作為に抽出された市民が出向いて無料で検査を受けた。同市では医療従事者や患者らの抗体検査も行われている。

保健当局の責任者は声明で、感染が判明した市民の割合が高いことから、同市のロックダウン(都市封鎖)措置は段階的に緩和される可能性があるとの見方を示した。

市当局によれば、この検査は感染拡大対策の根拠とする目的で実施された。保健当局者らはスペイン・マドリードなどの結果と比較し、早い時期から感染が広がった他都市に匹敵する数字だと指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]