新型コロナウイルスの死者、世界で30万人超す

防護服を身に着けてひつぎを運ぶ隊員ら=3月28日、伊ベルガモ/Emanuele Cremaschi/Getty Images

防護服を身に着けてひつぎを運ぶ隊員ら=3月28日、伊ベルガモ/Emanuele Cremaschi/Getty Images

ロンドン(CNN) 米ジョンズ・ホプキンス大学の統計によると、新型コロナウイルスによる死者が14日、世界で30万人を超えた。症例数は440万人以上に上っている。

ただし、新型コロナウイルスの感染者や死者を集計する方法は国によって違いがあり、社会的な影響の大きさを考えると、実際の感染者数や死者数はこの数字を大幅に上回る可能性がある。

米国の死者は8万4000人を超え、世界全体の4分の1強を占める。米国では4月を通じて死者が急増し、1日1500人前後のペースで増え続けている。

中南米でもここ数日で感染者と死者が急増した。ブラジルの死者は1万3000人を超え、メキシコでも4000人以上が死亡。エクアドルとペルーでも感染が急激に拡大している。

米国より前に感染が急拡大して大きな打撃を受けた欧州では、前向きな動きもみられる。かつて流行の中心地だったスペインやイタリアは、慎重な姿勢で経済活動の再開へと動きつつあり、1日の死者の数は数百人規模と、3月から4月上旬に比べれば大幅に減った。

一方、欧州で最も死者が多い英国は、依然として深刻な状況にあり、死者の数は1日数百人規模で増え続けている。

中国は、ロシアとの国境に近い吉林省舒蘭市の都市封鎖を含め、新たな症例が報告された2都市で制限を復活させた。

韓国は首都ソウルで新たな集団感染が確認されたことで、感染の第2波に対する不安が増大。文在寅(ムンジェイン)大統領は「まだ終わったわけではない」と警告を発している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]