妊娠中の看護師、新型コロナで死亡 赤ちゃんは無事誕生 英

英国の病院に勤務していた妊娠中の看護師が、新型コロナのため死亡。赤ちゃんは無事誕生/gofundme

英国の病院に勤務していた妊娠中の看護師が、新型コロナのため死亡。赤ちゃんは無事誕生/gofundme

ロンドン(CNN) 英ロンドンの大学病院に勤務していた妊娠中の看護師が、新型コロナウイルスのため死亡した。赤ちゃんは緊急の帝王切開手術で無事に誕生し、元気いっぱいの様子だという。英国民保健サービス(NHS)が16日に明らかにした。

死亡したのはロンドン北西部の大学病院に勤務していたメアリー・アギエイワ・アギャポンさん(28)。新型コロナウイルスの検査で5日に陽性反応が出て、7日に入院、12日に亡くなった。

ハンコック保健相は16日、BBCのインタビューの中で、NHSの職員はこれまでに少なくとも27人が死亡したことを明らかにした。

政府によると、英国の死者は1万3700人を超え、陽性反応が出た人は10万人を超えている。

クラウドファンディングサイトの「ゴーファンドミー」では、アギャポンさんの夫と子どもを支援するため寄付を呼びかけるページが開設された。寄せられた寄付はわずか24時間で11万7000ポンド(約1600万円)を超え、目標額の2000ポンドを大きく上回った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]