医師や看護師、保護具不足でスト ジンバブエ

防護服を着用し新型コロナに対応する訓練を行う医療従事者=2月14日、ジンバブエ/Philimon Bulawayo/Reuters

防護服を着用し新型コロナに対応する訓練を行う医療従事者=2月14日、ジンバブエ/Philimon Bulawayo/Reuters

ジンバブエ・ハラレ(CNN) アフリカ南部ジンバブエで医師や看護師が個人用保護具(PPE)の不足に抗議してストを行っている。医師らの組合が明らかにした。

組合の広報担当によれば、政府が必要とする保護具を提供するまで医師らは業務を再開しないという。

ジンバブエでは新型コロナウイルスの感染が3件確認されている。

ジンバブエの保健省によれば、同国は、中国のIT大手アリババ集団の共同創業者で富豪のジャック・マー氏から検査キット20万個やマスク10万枚、医療従事者用の保護服1万着を受け取っている。

中国政府は重体の患者のための集中治療室(ICU)をウィルキンズ病院に建設しているという。

組合は、新型コロナウイルスが医療従事者や医師を見逃すことはなく、彼らには職務を果たすための適切な用具が必要だと指摘。新型コロナウイルスに対応するために、N95マスクと手袋、ゴーグル、消毒液を求めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]