G7首脳、新型コロナ対策で緊急テレビ会議 共同声明を発表

新型コロナの感染拡大を受けG7首脳がトランプ氏を議長に緊急テレビ会議を開いた/BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/Getty Images

新型コロナの感染拡大を受けG7首脳がトランプ氏を議長に緊急テレビ会議を開いた/BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/Getty Images

ワシントン(CNN) 主要7カ国(G7)の首脳は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急テレビ会議を開き、協調して対策を進めるとの共同声明を発表した。

マクロン仏大統領らが先週から、今年議長を務めるトランプ米大統領に会議開催を求めていた。メルケル独首相もこの動きを後押ししたとの情報がある。

首脳らは医療資源の共有や中央銀行間の連携で合意。終了後の共同声明で、協調行動によって保健、経済面のリスクを解決し、力強い回復に向けた環境整備を図ると表明した。適切な国境管理を調整し、治療薬とワクチンの共同研究を促進することも約束した。

米国家経済会議(NEC)のカドロー議長は、トランプ氏ら首脳陣が「素晴らしい連携」を見せ、「あらゆる措置を取る」ことで合意したと強調した。

トランプ氏は会議終了後、ホワイトハウスでの会見で、6月に首都ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドで予定されているG7サミットについて、予定通り開催できそうだと述べた。その後やや軌道修正して、この日の会議では話題に上らなかったことを明かし、「まだ先のことだ」と語った。

トランプ氏はG7に懐疑的な姿勢で知られる。さらに欧州首脳らの間では、トランプ政権が先週、予告なしで欧州からの渡航禁止を発表したことへの不満がくすぶり、今回の会議で共同声明を出せるかどうか危ぶむ声もあった。

会議では今年夏の東京五輪も議題になり、安倍晋三首相は予定通りの開催を目指すと述べた。カドロー氏は安倍氏の立場について、開催できるかどうか分からないが開催を望んでいると指摘。「トランプ氏は幸運を祈ると述べた。我々は皆、安倍氏を応援している」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]