握手もキスも自粛勧告、代替の挨拶は合掌? 各国政府が奨励

握手に代わる挨拶として、合掌やひじを合わせる行為が提唱されている/Liu Xiao/Xinhua/Getty Images

握手に代わる挨拶として、合掌やひじを合わせる行為が提唱されている/Liu Xiao/Xinhua/Getty Images

(CNN) ドイツで2日、メルケル首相が握手しようと差し出した手を、ゼーホーファー内相に拒まれる一幕があった。通常であれば非礼と受け止められかねない行為だが、メルケル首相は笑顔を見せて、内相の対応を評価した。

世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、こうした光景は一般的になりつつある。

フランス保健相は2月29日の記者会見で、「身体的社会的接触を減らすことが望ましい。これにはビズも含まれる」と述べ、相手の頬に何度もキスする昔からの習慣「ビズ」の自粛を勧告した。握手も避けた方がいいと言い添えた。

オーストラリアでも、ニューサウスウェールズ州衛生局長がキスに対して慎重になるよう呼びかけ、握手の代わりに互いの背中を軽くたたく挨拶を推奨している。

欧州で最大の流行が発生しているイタリアの当局者は、接触を減らすことの難しさを指摘した。「私たちは接触がとても多い。握手をして、互いにキスを交わし、互いにハグする」「この期間は握手はせず、過度な接触はやめて、大らかさは控えめにした方がいいのかもしれない。でもそれは私ではない」。同国で新型ウイルス対策を指揮するアンジェロ・ボレッリ氏は先月の記者会見で戸惑いを見せた。

世界保健機関(WHO)のパンデミック担当局長シルビー・ブリアン氏は握手の代替として、ひじとひじを合わせたり、手を振ったり、両手のひらを合わせて合掌するタイ方式の挨拶を提唱している。

イランやレバノンでは、友人同士が互いに足先を合わせて挨拶を交わす動画が浮上した。

米疾病対策センター(CDC)所長だったトム・フリーデン氏は「しばらくの間握手はやめよう。私が好きなのは東南アジア伝統の手を合わせるナマステの挨拶だ。ひじをぶつけるのも楽しい」と書き込んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]