オーストラリア、最高気温の全国平均で記録更新 山火事も続く

山火事で甚大な被害の出ている豪州を記録的な熱波が襲う/SAEED KHAN/AFP/AFP via Getty Images

山火事で甚大な被害の出ている豪州を記録的な熱波が襲う/SAEED KHAN/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) 猛暑に見舞われているオーストラリアで、17日の最高気温が全国平均で40.9℃と、史上最高を記録したことが分かった。

豪気象局(ABM)によると、これまでの最高記録は2013年に観測された平均40.3℃だった。

この日は一部の地域でさらに厳しい暑さとなり、南オーストラリア州のセドゥナでは45.5℃に達した。また西オーストラリア州のパースで12月としては初めて、3日連続で気温が40℃を超えた。

ABMは17日、西から襲っている熱波が今週中に東部のビクトリア州やニューサウスウェールズ州へ広がり、気温はさらに上昇する可能性が高いとの警告を発した。

大規模な山火事に見舞われているニューサウスウェールズ州では、猛暑と強風、数十年ぶりの干ばつで事態がさらに悪化している。消防当局によると、州内で起きている山火事は100件に上り、このうち54件が延焼を続けている。州内全域を対象に、21日まで火気厳禁との指示が出ている。

同州ではすでに住宅760棟以上が全焼し、これ以外にも300棟近くに被害が出た。4人の死者が報告され、コアラ数百匹が死んだとみられている。

同国では干ばつも深刻化し、最大都市シドニーに水を供給するダムは2022年までに干上がる可能性が指摘されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]