ISIS最高指導者を追い詰めた米軍の急襲作戦、その内側

追い詰められたバグダディ容疑者はトンネルに逃げ込んだという/Reuters

追い詰められたバグダディ容疑者はトンネルに逃げ込んだという/Reuters

追い詰められたバグダディ容疑者は、自爆ベストを着て、3人の子どもと一緒に行き止まりのトンネルに逃げ込んだ。

「彼はトンネルの行き止まりに到達し、我々の犬たちが彼を追い詰めた。彼は自爆ベストを作動させ、3人の子どもたちと共に死亡した。遺体は爆発によってバラバラになった。トンネルは崩落した」(トランプ大統領)

複数の関係者がCNNに語ったところによると、約15分後、バグダディ容疑者の死亡を確認するDNA鑑定が開始された。米軍は遺体の断片を回収した。

米国防総省のエスパー長官は、「急襲作戦は成功した。我々は部隊を撤収させた。米兵は2人が軽傷を負った。だが大きな作戦を収めた完璧な急襲だった」と締めくくっている。

26日の急襲作戦に要した時間は約2時間。だが米軍は数週間前からバグダディ容疑者を監視していた。関係者がCNNに語ったところでは、バグダディ容疑者の所在は米中央情報局(CIA)が突き止めて、国防総省に情報を提供した。

トランプ大統領とペンス副大統領にも事前にこの情報が伝えられ、24日には、バグダディ容疑者がこの施設にいる可能性が大きいと告げられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]