パリで気候変動デモ、「黄色いベスト運動」らも合流 機動隊と衝突

凱旋門を前に黄色のベストを持って抗議を行う人々/LUCAS BARIOULET/AFP/Getty Images

凱旋門を前に黄色のベストを持って抗議を行う人々/LUCAS BARIOULET/AFP/Getty Images

パリ(CNN) パリ市内で21日、気候変動対策を訴える大規模なデモが実施され、機動隊と衝突した。デモにはマクロン政権に抗議する昨年来の「黄色いベスト運動」や反資本主義の「ブラックブロック」が加わった。

警察は催涙ガスや盾、警棒を使ってデモの鎮圧を図った。

現場では山積みになったオートバイが炎上して黒い煙が立ち上り、銀行や不動産店の窓が割られる場面もみられた。

衝突を受けて、デモを主催した団体の一つ、環境NGOのグリーンピース・フランスは「非暴力行進の条件が満たされていない」とツイートし、参加者らに撤収を求めた。

警察は朝から、パリ中心部の繁華街シャンゼリゼ通りに多数の人員を展開。デモ隊に催涙ガスを発射するなど、小規模な衝突を繰り返していた。

パリ警察によると、この日は合わせて約7500人の警官が出動し、午後1時までに参加者ら100人以上から事情を聴いていた。

シャンゼリゼ通りは黄色いベスト運動の舞台とされてきたが、当局は18日、週末にこの場所に集まることを禁止すると発表。警察責任者は、大規模なデモ隊の一部が暴徒化した5月1日に匹敵する人員を配置すると予告していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]