ピューマが民家にちん入、トイレに閉じこもる 米

民家にちん入したピューマはトイレに閉じこもった/Tuolumne County Sheriff

民家にちん入したピューマはトイレに閉じこもった/Tuolumne County Sheriff

(CNN) 米カリフォルニア州ソノーラの民家で高齢の夫婦が正面のドアを開けっ放しにしてテレビを楽しんでいた際、ピューマ1頭がちん入し、トイレに一時閉じこもる騒ぎがこのほど起きた。

地元のCNN系列局KTXLによると、夫婦は家内で何かが閉まる大きな音を聞きつけた後、ピューマに突然遭遇。最初は何が起きたのか理解出来なかったとしながらも、84歳の夫は尾の部分がすぐそばにあったため、「面白半分にたたいてしまった」とも振り返った。

体を触られたことや夫婦の動作の音に気付いたピューマはその後、2階にあるトイレに走り込み、閉じこもっていた。夫婦は別の部屋に逃げ込んで立てこもった後、警察に緊急通報して助けを求めていた。

地元の魚類野生生物局の担当者やトゥオルミ郡の保安官補が出動し、トイレの窓を壊し、ピューマが飛び出るように誘い込んでいた。この窓から逃げ出した後のピューマの姿は目撃されていない。

夫婦は、ピューマが家内に迷い込んだのは隣家のペットを追い掛けていたたためと推測している。隣家の住人は騒ぎを知って、ペットのネコの安全を心配していたという。

87歳の妻は「ドアの開けっ放しはもう二度としない」と話している。

同州の魚類野生生物局は、ピューマは攻撃的な振る舞いを見せない限り、人間をおびやかす行動には出ないと指摘。人間がピューマに襲われるより落雷を受ける可能性が1000倍以上多いとも述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]